本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > ごあいさつ

ごあいさつ

mari.jpg

はじめまして! お風呂アドバイザー おかきた'まり です。【洗いの殿堂】と お風呂アドバイザーについて、お伝えいたします。



わたしの思い出

本日もお風呂日和-ごあいさつ

わたしは清明のころ、大阪のまん中・日本橋で生まれました。黒門市場のすぐ近く、「きつねうどん」がおいしい店もある町。産院の窓から見えた「桜がキレイだった」と、母が言います。

小学校の夏休みには、弟といっしょに祖母に連れられて船で海を渡り、瀬戸内の静かな町・さぬき津田へ。まだテトラポットのなかった浜辺を、まっ黒に焼けて走りました。

小さいころから絵を描くのが好きで、高校は美術クラブへ。仲間と訪れた美術館で、記憶に残っていた絵に再会します。父に手をひかれて見たその絵は、ボナールでした。アート好きがこうじて、京都にある芸術系の学校へ。百貨店のホールの入口ドアに演奏や演劇にあう絵を描いたり、人形劇のイベントをしたりと、楽しいアルバイトも経験しました。

はじめて大阪を離れたのは、六本木にあった高級タオルショップの販売職として就職したときのこと。「君の顔には笑顔がない。」と店長から注意をうけて練習すること7年、ゲットした笑顔はいまでも宝物です。

【洗いの殿堂】誕生まで

okeburo-4.jpg

「風呂好きだから【洗いの殿堂】をつくったのですか?」とよく聞かれますが...じつは、インターネットの感動体験から生まれました。

ある日、今治のタオルメーカーさんから、お風呂で使うボディタオルの感想を募る、ホームページの企画運営のお仕事をいただきました。そこで受信した2000通のメールにこめられた、こだわりにビックリ! あぁ、、お風呂は身近だけれど家族と話すこともない。情報が埋もれた世界を前にハッとしたのです。

また、この今治のタオルメーカーの社長さんは、とても太っ腹な方でした。仕事の成果をシェアすることを快諾してくださり、国立民族学博物館の故:吉田教授と出会うことに。アドバイスをくださり、日本のお風呂は世界でも珍しいと教えていただき、またまた驚いたのです。

さらに、暮しに使うモノ...たとえば1枚のタオルも1個の石鹸も、使う人と作る人が、それぞれの思いをキャッチボールするうちに誕生したはず。でもその記録は残されているのだろうか...そんな想いがありました。

そこで、ネットなら、たくさんの人と話しあえる、埋もれた日本の お風呂情報を発掘して記録できるはずだ...と。文化庁にも問い合せをすると「あなたの考案はデータベース著作権に該当しますよ」と著作権番号をもらえました。そんなこんなで2000年の夏、【洗いの殿堂】をスタートさせたのです。

あなたの応援

omoidenobathall.jpg

【洗いの殿堂】は、スタートしてすぐに「Yahoo! 日本の新着ベストウェッブ・トップ」に選ばれたこともあって、すぐに投稿をいただけると期待しました。けれど、1年をすぎてもなかなか、もらえません。

なぜだろう?...ふと販売職だったころを思い出して、品物が並んでいないお店に、お客さんは来ないよなぁと、当たり前のことに気づきました。それからはずっと、いただく投稿をヒントに、埋もれている日本のお風呂情報を掘り起こして、記事をつくる日々です。

「見てますよ」という、読者のあなたの励ましがなかったら、きっと続けられなかった。応援してくれていた父を亡くして、やる気をなくしていたときにも...「再開を待っています」という読者の方からのメッセージがなければ、継続できなかったことでしょう。

お風呂アドバイザーへの道

本日もお風呂日和-ごあいさつ2

ある日、NHK関西版ニュースショーに出演したときのこと。番組のディレクターさんが、わたしの活動が視聴者に理解できるようにと、『お風呂アドバイザー』と名づけて紹介してくださいました。

『お風呂アドバイザー』・・・なるほど・・と目からウロコ!でした。 この肩書きなら、お風呂情報を伝えるのにぴったり。お風呂のヒントをシェアしても怪しまれません。

『お風呂アドバイザー』と名のるようになって少しずつ、【洗いの殿堂】以外の場でも、お風呂について書いたり話したりするチャンスを戴けるようになりました。

日本のお風呂、再発見!

本日もお風呂日和ーごあいさつ3

わたし達日本人は、世界でも珍しいウェルネスな入浴法を育てました。さらに、その入浴法をささえるバスルームやお風呂グッズ、また豊富にある温泉の研究をとおして繊細な入浴剤もつくりました。

もはやお風呂は、日本の生活文化の一つといえるのではないでしょうか。けれど、肝心のウェルネスな入浴法は衰退ぎみ...和食が世界遺産に登録されたというのに、食卓からは和食が減少している、そんな現実と重なるように思えてなりません。

そして、人口の減少と高齢化という経験したことのない状況が不安をあおります。今こそ温故知新のとき...日本のお風呂のよさを再発見して、健康で美しく、こころ豊かに暮らしたい。

そのお手伝いをする『お風呂アドバイザー』として、あなたと共に『お湯のある しあわせ』を分かち合いたいと思います。

※ 仕事の経歴についてはこちらへ→おかきた'まり(岡北真理)プロフィール


関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
ハチミツスキンケアソープ|プレゼント

【ハチミツスキンケアソープ】
by クロバーコーポレーション


乾燥のサインがでたら洗顔をみなおす
ごわつき予防 はミツバチにまかせたい

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索