本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > 立秋|キキョウは元旦お屠蘇の生薬

本日もお風呂日和

立秋|キキョウは元旦お屠蘇の生薬

2018年8月 7日 07:38

立秋|キキョウは元旦お屠蘇の薬草1

こんにちは!お風呂アドバイザーおかきた'まり です。今日が立秋だなんて忘れる炎暑がつづきますが、お元気ですか。わたしは夏バテ予防と言っては食べています (^^;) 

内藤記念くすり博物館の薬用植物園では、炎天下のもとキキョウが咲いていました。キキョウは秋の七草のひとつ、秋の季語にもなっています。(内藤記念くすり博物館→くわしくはこちらへ

立秋|キキョウは元旦お屠蘇の薬草2

キキョウが、元旦にいただくお屠蘇につかう屠蘇散の原料の1つだと知ってビックリ! なんと「屠蘇散(とそさん)原料植物コーナー」に、オケラ・サンショウ・ハマボウフウ・シナニッケイ・ウンシュウミカンなどと一緒に育てられていました。

立秋|キキョウは元旦お屠蘇の薬草3

立札には、お屠蘇についても紹介されています。屠蘇散には身体を温める、胃腸の働きを助ける、風邪を予防する生薬が用いられているとの説明も。

キキョウは、キキョウコン(桔梗根)と呼ばれる生薬として、排膿・去痰にも用いられます。生薬とは薬効のある自然物をさし、その多くは植物です。また漢方薬は複数の生薬を組み合わせてつくられます。

ところで漢方という言葉は日本生れです。生薬や医術は、奈良時代に、中国から仏教とともに奈良の寺院に伝わりました。日本の気候や日本人の体質にあう医学として進化してゆくのは、室町時代以降のこと。江戸時代にオランダから入ってきた西洋医学が蘭方と呼ばれるようになると、それまで定着していた医学は漢方(漢王朝の漢)として区別するようになりました。

★★★こっちの↓記事もあるよ★★★

大暑|くすり博物館にサボンソウ咲く

芒種|カタバミも薬草です。

小満|英国・キュー王立植物園のバラ

お風呂のヒント|目が痛くない カビとり剤

| | コメント(0)
投稿日(2018年08月07日)| カテゴリー(季節のことば)

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
オーデサボン 香る石けん|プレゼント

【オーデサボン 香る石けん】
〃フレッシュフローラル〃
by クロバーコーポレーション

なが~く続く〃のこり香〃
調香師がつくる大人かわいい香りで Happy!

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索