本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > 寒露 温泉とともに歩む日本の入浴剤

本日もお風呂日和

寒露 温泉とともに歩む日本の入浴剤

2017年10月10日 19:17

寒露 温泉とともに歩む日本の入浴剤

こんにちは!お風呂アドバイザーおかきた'まり です。
一昨日は寒露。今週末からは気温がかなり下がってくるとか。お風呂タイムはシャワーと決めこんでいたあなた、浴槽が恋しくないですか? そして、お湯につかるなら入浴剤っていうのは、わたしだけかしら (^^*

写真は、お風呂博士こと石川さんにお会いしたいと訪問した、バスクリン本社に飾ってあったもの。描かれていたのは、明治30年(1897年)発売の日本初の入浴剤「くすり湯・浴剤中将湯」。日本に古くから伝えられてきた婦人病に効く薬草を配合した入浴剤です。

この「浴剤中将湯」に温泉成分と香りをプラスした入浴剤が、おなじみの「バスクリン」。昭和5年(1930年)の発売なので、バスクリンの歴史日本の入浴剤の歴史ですよね。当時は温泉の成分分析がはじまった頃で、いち早く温泉成分を配合したのだそうです。

第二次世界大戦による中断をはさみ、昭和25年(1950年)には生産を再開。昭和35年(1960年)には銭湯用から家庭用にシフト。朝ドラ'ひよっこ'と重なる時代、日本の内風呂普及の歴史と足並みをそろえるようです。

昭和61年(1986年)には、温泉成分の分析をもとに「日本の名湯シリーズ」を開発。さらに平成15年には、炭酸泉をベースにした「きき湯」が発売されました。わたしは温泉が恋しくなったら「登別カルルス」、スポーツ後には「きき湯ファインヒート」を愛用しています (^^)

ところで海外製品は、クナイプのような日本仕様のものはあるけれど、地域特有のソルトが中心で単純だなぁ...と。それに対して、温泉の研究や、追炊き・残り湯洗濯など、日本の暮しに対応して開発されてきた日本の入浴剤は、独自の繊細さがあるよね。

★★★★★こっちの↓記事もあるよ★★★★★

秋分 イチジクの香り楽しむ薬湯

処暑 残暑にプーアル茶かき氷!

立秋 風神・雷神がやってきた!

入浴剤の使用期限

★★★ この記事でオススメの、入浴剤は?★★★

| | コメント(4)
投稿日(2017年10月10日)| カテゴリー(お風呂つながり)

コメント(4)

まりさん、こんにちは~。バスクリンのパネル?というか額入りポスター?素敵ですね~。入浴剤=バスクリンでした。今でも色々と使っています。温泉大国(だと思っています)日本のお風呂に対する各社の取り組みは素晴らしいと思います。良い物を作ろう、という気質がここにも感じられます。 たまたま体温を上げる、という話で整体の先生と盛り上がりました(笑) 上げるためにお風呂に20分以上浸かり発汗し段々と体温を上げていくように週3回くらいは40分以上をかけて入浴をすると良いそうです。洗いの殿堂でも取り上げましたよね~。体温をあげると免疫力も高まるようで悪い菌が体内に入っても体温が高い人には体の中にとどまる事が難しいそうです。私も平熱35度台なんで少し上げるように頑張らないと!と改めて思いました。これからの季節、疲れをとるためにも入浴剤を上手く使っていきたいな~とおもっています。しかし!!色々な種類のものが販売されていて迷ってしまいます(笑)薬湯系も気になります、炭酸系もです。今年は我が家のゆずも生り年なんでお風呂に入れないと~~\(^o^)/

> ekuboさん さん(コメント投稿日時 2017年10月10日 23:44)

ekuboさん、コメントありがとうございます!
わたしも小さいとき家にお風呂ができた頃の思い出は、バスクリンを入れたグリーンのお湯です v(^^)
平熱35℃だいってつらいよね...バスタブ入浴が習慣になると、お風呂上りの体温1℃アップはできるようになりますよ。わたしがそうだったし、汗もかけるようになりました。
それから薬湯系は、温まり効果が高いもの多いからおすすめ。炭酸系は末梢血管の血流が良くなるのが特徴です。でもでも庭の柚を採って、お風呂に使えるなんて羨ましい~~~ですっ (*^^*)

> お風呂アドバイザー おかきた’まり さん(コメント投稿日時 2017年10月11日 00:06)

「ひよっこ」おわっちゃいましたねェ
まさにドンピシャの時代設定 みね子の妹千代子と同年代です
って歳がバレバレ
あの時代はアパート暮らしでお風呂は銭湯通い 
あのポスター見たことあるような…
近所のおうちにもらい湯したことがあります
同じアパートの子達と弟と5~6人でしたかね
お風呂と言っても水遊びみたなものでした
そこには見慣れぬバスクリンが
なんだろう これ?
と振り出すと粉がバララ
見る見るうちにお湯の色が…
あ~楽しい!!
きれい!!
いい匂い!!
と調子に乗ってほとんどひと缶
降っても出てこなくなり今度は私が真っ青
ごめんなさいも言わずに飛んで帰宅しました
おばちゃん あの時はごめんなさい
50数年目に告白しました
遠い遠い昔のアホな思い出です

> SEIANOG さん(コメント投稿日時 2017年10月11日 10:04)

SEIANOGさん、コメントありがとうございます!
「もらい湯」って懐かしい響きある言葉!!
きっとその家はマル(金)だよね。当時のバスクリンは、ちょっと贅沢なお風呂グッズだったから。それを1缶全部・・・あばちゃんは汗タラ~リだったろうね (^^;)
この懐かしくって無邪気な、お風呂の思い出、『記憶博物館』にも掲載させてね。もちろんNOだったら、いつでも即削除しますから、ブーイングコメントくださいませ m(_ _)m

> お風呂アドバイザー おかきた’まり さん(コメント投稿日時 2017年10月11日 11:02)

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
紫根エキス配合石鹸|プレゼント

【紫根エキス配合石鹸】
by クロバーコーポレーション


新年シーズンには洗顔をみなおす。
紫根で疲れた肌細胞にカァーツッ!

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索