本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > ドイツで拡大するエネルギー自給

本日もお風呂日和

ドイツで拡大するエネルギー自給

2013年6月17日 08:18

ワールドWaveモーニング(6月12日)で、
ドイツで拡大するエネルギー自給について耳にしました。

地域の農家でつくるバイオマス発電などを、
地元の市民が協同組合を立ち上げて、
自分たちの手で供給する動きが広まっている。
一昨年で586もの団体ができ、さらに増加している。

既存の電力企業が、電力の送電(供給)には高い技術が
必要でカンタンではないと発言する討論会では、
その問題ならクリアしてゆけると反論する市民の姿がありました。

フクシマの事故後すぐに脱原発を宣言できた背景には、
こんな市民の動きがあったんですね。


これに重なったトピックは・・・
日本の再生可能エネルギー導入量ナンバー1は、
官民連携で取り組む大分県

「八丁原(はっちょうばる)発電所」など、
大規模な地熱発電所が3つあり、
温泉豊富な土地柄を活かして、
地下からの蒸気と熱水を利用している。

さらに、小規模な利用では、昨年の大分県
ビジネスグランプリを受賞した「湯けむり発電」がある。
温泉井戸から汲み上げた熱水で発電後、
温泉として再利用できる。

日本でも、官民+市民連携が生まれて
再生可能エネルギーが広がってゆくのでしょうか。
うちのお風呂は、町の地熱発電なんて言いたいなぁ(^^)


★★★こっちの↓記事もあるよ ★★★

地域で小さく発電、送電する

環境共生住宅のお風呂

エコキュートの歴史


| | コメント(0) | トラックバック(0)
投稿日(2013年06月17日)| カテゴリー(気になるモノゴト)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドイツで拡大するエネルギー自給

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1327

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索