本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > 東洋陶磁美術館と安宅コレクション

本日もお風呂日和

東洋陶磁美術館と安宅コレクション

2011年12月29日 05:30

東洋陶磁美術館1

友だちと東洋陶磁美術館へ。

12月は湯木美術館で乾山を観たのをキッカケに、
彼が師事したといわれる仁清を観に楽美術館へ。
そこで長次郎を観て朝鮮陶磁を観たくなってハシゴしました。

東洋陶磁美術館2

見終えて外に出ると、朝鮮陶磁の壺に描かれている
トラの絵をつけた照明が玄関広場を照らしていました。
このトラの絵、大好きなんですっ【^^】


東洋陶磁美術館は、世界的にも有名な安宅コレクションと呼ばれる
安宅産業会長:安宅英一氏の審美眼で集めた
中国と朝鮮の陶磁を収蔵する美術館です。

1977年の安宅産業の経営破綻で、
その散逸が心配された安宅コレクション
でも住友グループ21社が、散逸を防ぎ、寄付金と共に大阪市に寄贈し、
1982年に東洋陶磁美術館が生まれました。

じつは、中之島公会堂をはじめ、今も大阪に残る歴史的な建物は、
商人が建てたものが多いんです。
住友も、そんな大阪商人の歴史をもつグループです。 


東洋陶磁美術館の展示品全体がかもしだす
ピーンと張りつめた上品な緊張感。

名も無い職人たちによる陶磁器の美と真剣に向かい合う
安宅英一氏の眼差しに感動します。

大阪で一番好きな美術館です。



| | コメント(0) | トラックバック(0)
投稿日(2011年12月29日)| カテゴリー(小さな感動)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東洋陶磁美術館と安宅コレクション

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/830

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索