本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > 国立新美術館とメディア芸術祭

本日もお風呂日和

国立新美術館とメディア芸術祭

2011年2月 5日 07:25

『ぷっ』すま の収録が夜になって、ポッカリできた東京の休日。
ずっと行きたかった国立新美術館へ。

国立新美術館の椅子

黒川 紀章さん設計の建物が、普段は味わえない大きな空間で包んでくれる。
自然の光を感じるスペースに置かれた、椅子がいい感じ。
 

国立新美術館の椅子 国立新美術館の椅子
どれも、上質な北欧デザインの椅子。
そのまま昼寝がしたくなる、すわり心地♪

隣に座ってたおばあちゃまが、話しかけてくれた。
ガラス越しにみえる木々がやさしい。

国立新美術館の椅子

こんなに一休みスペースがある美術館は始めて。
ロッカーがたくさんあって、手ぶらで歩ける。
入館は無料で、観たい展示室ごとに料金を支払う仕組み。
この日は、1つだけ有料で他は無料だった。

わたしは、始まったばかりの文化庁メディア芸術祭の展示室へ。
学生っぽい人が多く、デジタルのワクワク100%!

観る人も参加して楽しめる作品、
誰でも無料で観れるインターネットを利用した作品 etc...
デジタルアートの世界は、とっくにシェアが普通・・・

アート(美術品)は、昔々、特権階級が支配するものだった。
今、誰もが観たり触れたりできる=シェアするものへ変遷している。
デジタルアートが、その流れを大きく進めるに違いない。

国立新美術館

カフェとレストランが4つもあって、これはチープじゃなくて妥当な価格。
無料と有料、両方のスペースがうまく共存している。

アートを観たい人も、発表したい人も利用できて、
お金があってもなくても、その日、その人なりの予算で
ステキな空間でアートに触れられる国立新美術館
シェアする感覚が、メディア芸術祭デジタルアートとつながった。


| | コメント(0) | トラックバック(0)
投稿日(2011年02月05日)| カテゴリー(小さな感動)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国立新美術館とメディア芸術祭

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/716

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索