本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > ケネディと消費者の権利

本日もお風呂日和

ケネディと消費者の権利

2008年2月18日 16:17

”「消費者の権利」という概念は、1962年に
ケネディ大統領が始めて提唱し、つぎの4つから成ります。
・安全への権利
・情報を与えられる権利
・選択をする権利
・意見を聴かれる権利”

…と耳にして、安全への権利は別にして、
他の3つは、ネットが味方になっているなぁ…と。
そういえば、ケネディはアメリカの大統領、
インターネットもアメリカ生まれです。

ネットは、いまや、消費者が生産者・流通者と
同じ土俵にたつことができる、媒体をかねた通信インフラ。
その発達のうらには、こんな歴史があったんですね。
(無知…ぁぁ恥…トホホ)


日本では、1968年に消費者保護基本法が、
また、それから36年ぶりの2004年に、
改定された消費者基本法が施行されています。

・安全の確保
・選択の機会の確保
・必要な情報の提供
・教育の機会の確保
・意見の反映
・被害の救済

との6つで、消費者の保護から消費者の自立支援へと、
時代の変化をうけて、法律も大きく変わっています。

| | コメント(4) | トラックバック(0)
投稿日(2008年02月18日)| カテゴリー(気になるモノゴト)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ケネディと消費者の権利

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13

コメント(4)

このことについて勉強をしていた頃、
農水省と厚労省の協議結果が品質保持期限を賞味期限に統一となったことについて、
なぜこんなあいまいな表示の方へ統一するのだろうかと思っていました。

しかし、昨今の期限切れに関する異常ともいえる加熱報道や
それを当然のように受け止めている消費者を見ていると、
表示の意味を正しく理解していないように思え、危惧したことが現実となった思いと、
一方で最後は自分の五感で確認する経験を積んでいかないと見る眼を養えないのに、
という思いを持ってきました。

また、今さらながら劣化スピードがゆるやかなものまでも
消費期限表示にするような動きが出ていることに、
時代に合わせているというよりも、ポリシーに欠けているという感を持ってしまいます。

> しおみち さん(コメント投稿日時 2008年3月 8日 00:05)

しおみちさん、おはようございます!

>表示の意味を正しく理解していないように思え、危惧したことが現実となった思い
そうなんだ。。。
わたしも、ぜんぜ~ん理解できてません。判りにくすぎるよね。

>最後は自分の五感で確認する経験を積んでいかないと見る眼を養えない
うんうん!
食物がないときは、きっと必死でチェックして大事に食べていたはず。
飽食時代のツケがまわってきてるように感じます。

> おかきた’まり さん(コメント投稿日時 2008年3月 8日 00:06)

「賞味」期限ですから、安全性、味、風味が保たれていることを製造者が責任を持てる期間です。
(未開封で正しく保存されることが条件)

簡単にいえば、おいしく食べられる目安。

半月やあるいは数ヶ月の保存が可能なものが、
期限を過ぎた夜中の12時を過ぎたとたん腐るなんてことないですよね。


消費期限はだいたい5日以内に食べた方がよいものです。
お弁当やお豆腐などで、これは期限が過ぎたら食べない方がいいです。

牛乳も低温殺菌は消費期限、高温で殺菌してあるものは賞味期限だったりします。

偽装は消費者をバカにした経営至上主義で論外だと思います。
ただし、極論かもしれませんが、賞味期限切れの材料を使って製造していた件については、
その材料の品質を現場の方が五感で判断し、
安全性において問題がないと判断して使っているなら、私は問題ないと思っています。

風味は落ちているでしょう。
でも、もったいないです。
材料の製造者が良心的なら、期限は安全策をとって早めに設定しているかも。
それであればなお、たまたま1日早く設定してしまっただけで、十分問題なく食べられるものを捨てるのは、バチがあたると思います。

風味の点でいえば、それより出来がよくないものを平気で売っているお店はたくさんありますから、
何がいいとか悪いとかは消費者の判断次第ではないでしょうか。


おっと、こんなの自分の日記に書けよな(^^;;
ながながとシツレイしました~

> しおみち さん(コメント投稿日時 2008年3月 8日 00:07)

しおみちさん、レス遅くなりました。
詳しいお話を、ありがとうございます!

賞味 と 消費、、、ほんまにややこしい分け方ですね。
しかも同じアイテムに2種類の表示なんて、覚えらそうにないなぁ。

>何がいいとか悪いとかは消費者の判断次第ではないでしょうか。
自立支援ってことで、商品について勉強しろってことかしら。
消費者の自立→選択の自由があること→情報が公開されていること。
でも、どんな情報を提供するかのとこで、ズレてるってことですね。

> おかきた’まり さん(コメント投稿日時 2008年3月 8日 00:08)

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索