本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > 健常寿命と片麻痺

本日もお風呂日和

健常寿命と片麻痺

2007年10月20日 20:00

日本は長寿国といわれるが、他人の世話にならずに
日常生活が送れる「健常寿命」の水準は決して世界一流ではない。
ピジョン社は、そんな背景と、昨年春の介護保険法改正から、
介護予防むけの新ブランド「リクープ」を立ち上げた。

課題は需要喚起だ。
決定的な不便がない限り事態を重くとらえないケースは多い。
情報誌や販売イベントを通じて、放置するリスクを伝え、
必要性を訴えていく・・・そん新聞記事を読みました。


すぐに思いうかんだ、
後遺症で他人の世話がいる病気は、脳梗塞。
日本脳卒中協会には、脳梗塞についての
会長・山口武典氏の講演がありました。

”生活習慣病の中でも、とくに老化を進める脳卒中”

”最も多いのは脳梗塞で、完全に良くなるのは2割足らずで、
この2割を含めて何とか自分で生活できるのが全体の6割、
残りの4割は介助が必要かまたは亡くなってしまう。
死亡率は10%以下で、諸外国に比べると非常に低い。

患者さん数は、厚生労働省/2001年報告では131万人。
最も問題になるのは、医療費が1兆8000億円かかっていること。
要介護になる原因の第1位であること。
脳卒中はいったん起こしてしまうと何らかの障害を残す、
そのために生活の質が非常に落ちてくる
という意味できわめて重大な病気です”。



ふと、思い当たる商品がなくて、お役に立たずに残念だった
【洗いの殿堂】への投稿が、よみがえりました。

・・・病気回復して元気になったが片麻痺が残り、
お風呂で背中を洗えなくなった。なんとか自分で洗いたいけれど、
片麻痺でも背中が洗えるボディタオルはないですか?・・・


両親やシニアの人たちと接していると、
戦中戦後のモノがない時代を経験しているので、
少しぐらいの不便や不満はガマン、
という慎ましやかな方が多いなぁと感じます。

それに、わたしなら、楽しくはない片麻痺のことを、
口外したくはないだろうと思う。
それゆえ、片麻痺不便解消の需要は表れにくい。

反対の視点からみると、メーカー側には、
片麻痺不便解消の商品開発の難しさよりも、
需要が見えない=お客様へのアプローチ法がみつからない。

なので、多額のマーケティング費用がかかる
需要喚起ができない中小企業では、
商品化に踏み込めないことが多いのではないでしょうか。


| | コメント(0) | トラックバック(0)
投稿日(2007年10月20日)| カテゴリー(気になるモノゴト)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 健常寿命と片麻痺

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/122

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索