本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 本日もお風呂日和 > カラダの洗い方Q&A

本日もお風呂日和

カラダの洗い方Q&A

2007年6月13日 19:04

あっぱれ!!さんま大教授・フジテレビ制作スタッフの方に
情報提供した「カラダの洗い方Q&A」をご紹介。
【洗いの殿堂】でみなさんに投票いただく
『洗い上手百科』が役立ちました♪
(少し、長いです【^^;】)


番組ゲストのTRF・SUMさんが手でカラダを洗うとか。
そこで、『体の洗い方』を調べたいとのことでした。


Q(1)手で洗うのとタオル類で洗うのと、
    どちらの方が皮膚にとって良いのか?

A  どちらが良いか、という比較ではなくて、
個人の肌状態に左右されると思います。
手で洗う方法は、刺激が少ないので肌の弱い方に向いています。
あと、高齢で肌の乾燥が気になる方にも向いています。
また、
手で洗うときも、道具を使うときもよく泡を立てて洗う方法が、
肌にやさしいです。『洗いのアンケート』でも、
手で洗うのは、実行されている人が多い方法です。


Q(2)タオル or ナイロンなどの硬い物で洗うのがいいのか?
   その他の物で何か良い物はあるのか?

A  よく絹のボディタオルを使うのが、肌に優しいと言われるのは、
絹繊維が人の肌に近い組成をもっているので、
刺激が少ないという理由からです。
ナイロンは、その反対で繊維が硬いので、
刺激が多いという理由から、よくないと言われています。
ちなみに、
『洗いのアンケート』では、絹がよいと言われている
わりには、実用性のあるナイロン系素材を使う人が多いです。


Q(3)体にとって良い洗い方はあるのか?

A  強く擦らないこと。
強く擦ると、カラダを守るために最後のお勤めをしている
角質を無理に剥がしてしまい、
肌を乾燥させる原因につながります。
それから、
ご高齢の方でしたら、心臓に遠い部分から洗うのも、
カラダに負担をかけない洗い方だと思います。


Q(4)お風呂に浸かったり、シャワーで
   体を洗い流すだけで汚れは落ちるのか?

A  毎日入浴する人なら、日常生活程度の汚れでしたら、
そのたびに洗わなくても OK です。
ただし、
大量に汗をかく仕事や運動をした後には、
ちゃんと石鹸などを泡立てて洗うことを、おすすめします。
また、
シャワー浴よりも、浴槽につかるほうが、カラダが温まり、
発汗とともに老廃物が出やすいです。


Q(5)体を洗う周期は、どのくらいが適切なのか?

A  上記の答えと重複しますが、毎日お風呂に入る方で、
日常レベルの汚れなら、汚れたな~と感じたら、
石鹸などを使う程度で大丈夫ではないでしょうか。

日本人が毎日、お風呂に入り石鹸でカラダを洗うように
なったのは、高度経済成長期の後で、
家風呂が普及してきた1970年代後半くらいからでしょう。
じゃあ、それまでは、めちゃくちゃ不潔だったかと言うと
そうではなかったはずです。
また、
おばあちゃん世代の日本女性の肌は、年をとっても、
きめ細かいキレイな方も多いですから。
むしろ、あまりに神経質な清潔志向のほうが、
肌に負担をかけるのではと、感じています。


| | コメント(0) | トラックバック(0)
投稿日(2007年06月13日)| カテゴリー(お風呂つながり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カラダの洗い方Q&A

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arainodendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする

一言どうぞ♪

(必ず入力してください)
もしよろしければ(掲載されません)
関連ページ
ごあいさつ

最近の日記 今月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリーアーカイブ キーワードで絞り込む 月別アーカイブ
記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索