本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 今昔物語 > 京都・建仁寺 禅宗のお風呂

京都・建仁寺 禅宗のお風呂

zen-25.jpg

こんにちは!【洗いの殿堂】おかきた'まりです。

開創800年を迎えて浴室を改装した建仁寺。
ゴールデンウィークに公開された、古~い浴室をみて、
どうしても、お坊様にお会いしたくなりました。

カンカン照りの大暑の日、
願いを叶えてくださった浅野禅師に、伺いました。

京都祇園・花街のなか

花見小路の通りを抜けると、建仁寺があります

  • 一力亭
    歌舞伎・仮名手本忠臣蔵
    「祇園一力茶屋の段」で有名な一力亭
  • お茶屋
    通りのお茶屋は祇園祭を迎えた花街の風情

このページのトップに戻る▲

日本最古の禅寺

開創800年を迎えた、臨済宗建仁寺派の大本山です

  • 風神・雷神
  • 美術の教科書で見たでしょ?
    俵屋宗達の「風神・雷神図屏風」は、
    建仁寺のもの
    今は、京都国立博物館に展示されている

  • 建仁寺外観
    鎌倉時代に栄西禅師が開いた
  • 茶碑
    境内の茶碑
    栄西禅師は中国から日本に、禅と茶を伝えた

このページのトップに戻る▲

無言の静けさ

禅宗は仕事をすることを基本にし、日常の動きを工夫して
カラダで体得することを大事にします。
座禅を組むだけが修行ではなく、掃除や食事、お風呂の最中、
悟りは、あらゆる場で得られるので、他人の思索のじゃまを
しないよう話しかけないこと、無言を大事にします。

  • 木立
    庭の木立ち
  • 木陰
    木々のかげに涼しさをみつける

  • 枯山水
    枯山水の庭
  • 石庭
    スッと汗がひく

  • 灯籠
    庭の灯篭
  • 手洗い場
    手洗い場

  • 注意書き
    注意書きも簡素
  • 蝉
    茶室の軒でセミが鳴いている

このページのトップに戻る▲

お風呂は修行

建仁寺の浴室は、日本の他の仏教寺院と同じく
蒸し風呂=ミストサウナです。

禅宗のお風呂は、食堂・禅堂とならぶ
三黙堂の一つで無言の場です。

また町衆にお風呂を開放し、
禅の教えを広める役目もありました。

浴室では身分の上下はなく、お坊様も町衆も、
チュウと呼ばれる細い竹の棒を配られて、
鐘と板木、太鼓の音を合図に、順番に入浴しました。

四と九のつく堂内の大掃除の日、カラダもキレイに
するように、お風呂が炊かれました。
でも暑い夏場は、毎日炊かれていたそうです。

  • 浴室外観
    浴室外観
    中は、待合・浴場・火炊場に
    わかれる
  • 入り口
    入口
  • 火炊場
    火炊場に入る裏口

  • 排水口
    排水口が外に出ている
  • 待合い右手
    待合の右手
  • 待合い左手
    待合の左手

  • バッタバラボサ様
    バッタバラボサ様が祀られている
    お風呂を炊いているときに、悟りを開いたので、
    湯かき棒を持ったお姿をしている
  • 浴室規定
    浴室規定 お酒は飲むな、衣類は持ち歩くな、
    しゃべるな、ジロジロ見るな、ハアハア言うな...
    事細かに規則が書かれていて、
    他人に迷惑をかけることを戒めている

  • 蒸し風呂
    浴場の中に蒸気がでる小さな蒸し風呂がある
    何度も修理をして使った跡が残る
    1坪くらい。今のお風呂の広さに近い... 
    かがんで入る戸口、天井が低く中は暗い、
    5人も座れば満員か... 
    黙って座っていると木の香がする
  • 浴室の窓
    蒸し風呂の床はスノコで、下から蒸気が入る
    スノコ床の下にさらに
    傾斜のついた板が仕組まれていて、
    落ちてくる水滴が流れて、鍋に戻る
    合理的で省エネルギー!

  • 飾り棚
    浴室の窓
  • 洗い場
    浴場の左右は洗い場
    床板は傾斜がついて、
    真中の溝に排水がたまる

  • 浴場からの降り口
    浴場から火炊場への降り口
  • 火炊場の天井
    火炊場は土間の吹き抜けで
    屋根裏の梁組がみえる
  • 井戸
    水を汲む井戸

  • かまど
    かまど
    上は水の注ぎ口、下は火炊口
  • かまど遠景
    かまどの中に鍋が仕込まれている
  • かまど注水口
    ここから鍋に水を注ぐ
    下のかまどで火を炊き、
    鍋の湯から出る水蒸気が、
    浴場の蒸し風呂に入る

  • 浴室平面図
    浴室全体の平面図
  • 蒸し風呂仕組み図
    蒸し風呂の仕組み図

このページのトップに戻る▲

禅宗の教え

浴室の解放は、鎌倉時代から江戸時代後期まで続き、
町衆も禅宗の教えを、ある程度は知っていて、
お寺ではみな、無言で静かだったそうです。

「堅苦しいお風呂やから、町の銭湯ができたとき、
みなホッとしたでしょな」浅野禅師の柔らかいコトバに、
ふと、沈黙のやすらぎはなかったろうか、と感じました。

日本人のお風呂好き、清潔好き、仕事好きは、
禅宗の影響が大きいんじゃないかしら...

浴室での入浴という行為を通して、長い時間をかけて
教えが伝わり価値観となったってこと、ないかしら。

禅宗が残されているのは日本だけ、なのだそうです。

  • 座禅のポーズ
    「こんなかんじで入ったんでしょ~な」
    浅野禅師のくつろいだ座禅のポーズ
    お坊様は、脚布(きゃくふ)と呼ばれた
    布を持って入ったとか
  • 浅野禅師とパチリ
    浅野禅師とパチリ!何も知らず、ただ
    好奇心にかられただけのおかきた'まりを
    温かく迎えてくださいました。
    深く感謝いたします・・・

このページのトップに戻る▲

special thanks

◇ 建仁寺
◇ 京都国立博物館

取材にご協力頂きありがとうございました。
※ホームページURLは、リンク集をご覧ください。



こっちの記事は読んだ?

山科本願寺跡に蒸し風呂遺構

信長が造った蒸し風呂



記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索