本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 今昔物語 > ざくろ口 江戸の風呂屋

ざくろ口 江戸の風呂屋

edo-title.jpg

こんにちは! お風呂アドバイザー おかきた'まりです。

わたしの生まれ育った町:大阪の天神祭りで有名な
天神橋にある『住まいのミュージアム』

今から170年前、幕末の騒乱まであと少しの天保時代の
大坂の町をバッチリ再現! しかも風呂屋まで作った...

読売新聞さんが【洗いの殿堂】を取材してくださるとのことで、
ご一緒に伺いました。

ほんまもん

大坂町三丁目とネーミングされた通りを歩くと、ホッとする。
シンプルで無駄がないけど温かく、裏長屋でさえも端正で美しい。
幕末に日本に来た西洋人の驚きは、こんな気分だったのかな。

通りの雰囲気は↓
◆「住まいミュージアム」ホームページ
http://www.city.osaka.jp/sumai/museum/

小さなとこも手を抜かずに作ってて、感激! おもわずスナップ!
質感がお伝えできないのが、悔しい...


町家と町人

大坂の人口は35万人くらい、670の町があった。
ただし家を持ってるのは10%くらいで、彼らが町人と呼ばれた。
その住まいは、商いと住まいがいっしょの住宅で、町家と呼ばれていた。

風呂屋も町家のなかで営業されていて、江戸の銭湯とはちがい2階にお客をあげず、町の共用施設としての役割も持っていた。


天神湯


  • <脱衣箱>


  • <脱衣箱の鍵>



  • <水とり、資料に忠実に豊島の石を使ってる
    左横に使用後の「ぬか袋」をいれる桶がある>

  • <「ぬか袋」これにぬかをつめてもらう>



  • <引き札、江戸時代にも宣伝ポスター!
    洗い場にペタペタ貼ってある>


  • <洗い場は、ほんまもんの石>




  • <あがり湯をもらうところ>

  • <ひしゃくも本物のアンティーク!>


大坂町3丁目にある風呂屋「天神湯」を経営するのは、町人・天満屋与兵衛。家族5人と奉公人1人で、きりもりする。

大坂には5町に1軒風呂屋があり、119軒が営業していた。
1町の平均550人、戸数で100戸くらいなので、天神湯のターゲットは、約2700人・500戸。

湯銭(値段)は、大人8文・子供6文・乳飲み子4文・ぬか3文。
今の240円くらい。また当時のそば代が1杯/16文。

営業時間は朝からで、午後4時には火を落とす。
燃料用に近隣から薪を仕入れ、水は井戸水。
大坂の井戸水は金気が強く、飲料には使えなかったが、お風呂には、湯あたりがよいといわれた。

天満屋与兵衛は、儲かっていたのか?
儲かっていたから家を持って、町人になれたはず...【^^】


ざくろ口


  • <ざくろ口>

  • <だいぶ、かがまんと入れまへん>


天神湯は入り込み湯といわれる混浴で、つくりは、板の間の脱衣場→切石敷の洗い場→ざくろ口→浴槽

当時は蒸気風呂からお湯につかる風呂への過渡期。
蒸気を逃がさないよう、洗い場と浴槽の間の出入り口を低くつくったのが「ざくろ口」 

かがまないと入れないざくろ口は、風呂屋のシンボル。
天神湯のも豪華。

浴槽は小さくて暗く、不衛生だったのもわかる気がした。
きっと湯を楽しむというより、蒸気で発汗するカンジ...


【学芸員さんの思い出】 お風呂の思い出から
●学芸員さん●男●関西地方●1930年代

小さい頃は銭湯。友だちとよー遊んだよ。
桶で浮きを作って泳ぎましたわ。こーしてね。(実演)
桶は木でしたな。家から持ってきはる人はアカ(銅)でしたわな。

冬はみかんもって行ってね、湯船に入れとく。
風呂上りに、温まったみかんを食べる。
これが、おいしかったな~。

菖蒲湯のときは、湯船の袋から菖蒲抜いてハチマキしたり、
女の子はリボンつくって遊んだわ。
風呂屋さんに怒られるんやけどね。



  • <桶に手拭かぶせて、水入らんよーにして...>

  • <こーやってお腹の下にしましてな、泳ぎましたわ>


大坂三丁目の天神湯から100年...
燃料も水も豊かになって、湯船で泳げるようになった天神橋の風呂屋。
でも変わらない価値は、人がふれあう場所だったこと。


special thanks!

・「住まいミュージアム」ホームページ
・「Oh!ねっと」読売新聞関西発

取材にご協力頂きありがとうございました。

記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索