本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 今昔物語 > 鉄釜のお風呂

鉄釜のお風呂

20011023-iiyama.jpg

こんにちは! お風呂アドバイザーおかきた'まりです。

北海道から五右衛門風呂の思い出をいただきました。

湧別町・サロマ湖畔のお風呂の思い出を、リポートします!

【おおきな鉄製の釜】 お風呂の思い出から
●ハムミさん●女●北海道地方●1950年代

北海道のサロマ湖のほとり、1954年、湧別町で生まれました。家族のもとは石川県からの入植者です。

10歳くらいまで、おおきな鉄製の釜でしたよ。
よくいわれる「下駄 を履いてはいる」のではなく、「丸い板を上手に沈めて底にする方法」です。

排水方法は、底についている穴の木栓を抜くのですが、いつかくっついてしまい、バケツで汲みだし、洗濯したのも覚えています。

子供心にも、「縁が熱い」ことでスリルいっぱい。
熱い時は、つららや雪を入れたりして、冬のお風呂は楽しかったです。ジッとしてるしかな~いので、しぜんとお行儀よくなってました。

危なくて1人では入れませんから、必ず大人と入ります。
スキンシップと、大人の言う事を聞き、頼りにするという大切な事を学びました。

風呂焚きは大好きなお手伝いでした。
薪には不自由しませんでしたね。薪割りも大好きでした。
いまでもキャンプでは、見事に火をつけますね!わたしは。


【湧別町】 流氷のくる町
●湧別町役場●絹張さん

ツララや雪に閉ざされる厳しく長い冬、暮しは大変だろうなぁ。
でも、家族や友だちの、あったか~いふれあいが、こぼれてきました。

ハムミさんが育った町、湧別町はどんな町なんだろ?
湧別町は北海道のハシッコ、オホーツク海に面した流氷のくる町。

湧別町役場の絹張さんから、季節感あふれる写真とコメントをいただきました。


サロマ湖は琵琶湖、霞ヶ浦につぐ湖で、オホーツク海とつながっている海水の湖で、ホタテ貝の生産では日本一の養殖漁業基地です。


サンゴ草(学名アッケシ草)は、サロマ湖畔に天然生殖する単年草で、9月中旬から10月上旬が見頃です。


サロマ湖100kmウルトラマラソンは、サロマ湖を囲む湧別町、佐呂間町、常呂町を一回りする国内唯一のワンウェイウルトラマラソンです。



【水と火】 ハムミさんのお話から

水をバケツで汲みだして洗濯したり、風呂焚きのお手伝いのおかげで
見事に火をつけられたりと、あまりに当たり前で気にかけることがない
火と水に気づかされました。

水を火で温めて湯にして入る日本のお風呂は、水資源や燃料がいっぱい必要です。
昔の人にとって、毎日のお風呂に入るのが贅沢だったのは当然ですね。

毎日お風呂に入れるようになったのは、ほんの30年前・・・
そんな意外な事実を、忘れてはいけないですね。


special thanks!

北海道 湧別町のページ

取材にご協力頂きありがとうございました。






記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索