本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 今昔物語 > カエルの鳴き声 自然とふれあう

カエルの鳴き声 自然とふれあう

20010823.jpg

こんにちは! お風呂アドバイザー おかきた'まり です。

カエルの鳴き声がきこえた・・・そんなお風呂の思い出が届きました。

自然とふれあう、お風呂をリポートします♪

森禅太さんの思い出 『カエルの鳴き声』
1970年代(男)中国地方

五右衛門風呂だったのよ。子供のころ。あれ、けっこう恐いのよね。俺そのとき5歳だったわけ。

それでもって、近頃の20代には想像もできないとは思うけど、側面 がむちゃくちゃ熱いわけね。あのどす黒くてごつごつした鉄の感触。分かるか?分かんねえだろうな。これに当たらないように入っているの、大変なんだよね。何せガキは落ち着いてないから。何度もやけどした。

でもね、その風呂は庭に面してて、風の音とかカエルの鳴き声とか、全部聞こえたのよ。月も見えた。酔っ払いの遠吠えも聞いた。向いの八百屋の二階から妙な声も聞こえてた。

そんなこんな、いろんな音と光のあった夜。風呂の壁をなめくじがはってて泣いた夜もあったけど、今思い出すと懐かしい。

原田知世主演の「天国にいちばん近い島」で、ドラム缶の風呂に入るシーンがあった。観てて、少し思い出した。
ときどき、俺の帰っていく風景です。


『窓がナイジャナイカ!』 五感の豊かさ

庭に面したお風呂場には、窓があったのかな?
季節の音や月の輝き、お昼間には聞いたことのない大人の世界...
お風呂の窓は、カラダとココロが自然と社会にふれて成長する、五感の入り口だったりして...

『ユニットバスって嫌い! 窓がナイジャナイカ!窓が無いと朝入ったときに贅沢した気分に浸ることが出来なァい!』
こんなコトバをくださったのは、リラさん。


換気扇で除湿ができるようになり、窓のないおフロがふえて、五感であじわう豊かさがへりました。
色香のある入浴剤ブームの背景に、失った豊かさのかわりを探す気分はないでしょうか...

お盆休みに久しぶりに入った、大きな窓がある実家のお風呂。
シンプルな無色透明のお湯につつまれて、虫の声をききました。


【洗いの殿堂】仲間から追加コメント

●フラワーさん
カエルのなき声が聞こえたお風呂」というタイトルにひかれて読ませていただきましたが、
私も子供の頃はカエルの声をBGMにお風呂に入ってました。

なき声だけならいいのですが、よく「ご本人(?)」が風呂場に迷い込んできて、
爬虫類系の苦手な私はいつも
「おとーさんーー! カエルとって!!」と叫んで助けを求めていました。

家の周辺の田んぼがなくなった今では懐かしい思い出です。


special thanks!

・『虫撮り散策記』ホームページ

取材にご協力頂きありがとうございました。






記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索