本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 今昔物語 > 水鉄砲 お風呂の思い出

水鉄砲 お風呂の思い出

mizuteppo-title.jpg

こんにちは! お風呂アドバイザーおかきた'まり です。

兄弟でホース合戦や水鉄砲をした思い出が届きました。

家族をつなぐ、お風呂の思い出をリポートします♪

増田紀彦さんの思い出 『ホース合戦』
1960年代(男)

子供の頃の風呂の思い出、イコール、弟との思い出ですね。風呂に入るときは、3歳年下の弟といつも一緒でしたから。

まあ、やんちゃな盛りの兄弟ですから、カラダなんてマトモに洗わない(笑)、遊んでばっかりです。いろいろな遊びを開発しましたよ。

その中で、いま、思い出しても腹がよじれるほど傑作だったのが、「ホース合戦」というやつ。

なぜか我が家の風呂場には、4、5メートルほどあるビニールホースが置いてありました。水まわりアイテムってことなんでしょうかね。とにかく、それを使って遊びます。

まず、ホースをドップリと湯船の中につけます。1分もしないうちに、当然、ホースの中の空気は抜けて、お湯がビシビシに入り込みます。満タンを確認したところで、選手(私と弟)は、それぞれホースの先を口にくわえます。

さあ、ここからです。たがいの手のひらをタッチした瞬間が闘いの始まりです。双方とも、肺活量をフルに稼働させ、ホース内のお湯を相手方向へと吹き続けるのです。

両方から圧力をかけているので、お湯は、微妙な振動を続けながらも、なかなか一方的な流れ方はしません。それでも互いに負けじと、息を吹き続けます。もともと、風呂の中だから、のぼせ気味なのに、肺がカラになるまで全力で息を吐くので、顔面は兄弟ともに真っ赤っか。

ちなみに、この闘いの勝敗は、吹き負けたほうの肺に猛烈な勢いでお湯が入り込み、呼吸が止まるか!というほどの、激しい咳き込みをすることで決着します。ある意味、メチャ過酷なゲームです(笑)。

さて、この試合、実は意外と長期戦になったりします。当たり前ですが、戦闘開始と同時に全部の息を吐き出したのでは、時間の問題で負けてしまいます。

吹いては、息を止め、吸い、また吐き、さらに、吐き、そして、吐いているようなカオをしながら実は息を吸い......、そういう高度な駆け引きを双方が繰り返しながら進行する闘いなのです。

したがって、決着が着くときというのは、吐いているフリが見破られて、息を吸い始めたときに、一気に相手が、お湯を吹き込んでくるときが、一番多いものです。

つまり、ホース合戦は、体力の闘いでありながらも頭脳の闘いなのです。とても、9歳と6歳の子供の遊びとは思えません。でも、やっぱり、子供しかやらないことでしょうね(笑)。

この兄弟、いまは互いに40代。もし、また一緒に入浴する機会があれば、「ホース合戦」をやってみたいですね。相手の生命を気にしないでできる、残り少ないチャンスだろうし(笑)。


ぱちょさんの思い出 『タオル風船』
1970年代(女)東海地方

うちのお風呂はボイラー式で焚くこともできるものでした。「お風呂焚いといて」と言われ、嫌々やり始めるのですが、焚きながら火を見つめていると、なんだか心が落ち着き、いいものだなあと、子供ながらに思ったものです。おまけに焚くお風呂は、時間がたっても、下からポカポカとしてきて、しんから暖まることができます。

兄とお風呂に入っては、水鉄砲をかけられたり、沈められたりしていじめられて泣いていた覚えが・・・タオルをお風呂にいれて風船!ってやりませんでしたか?

実は夫にも聞いてみようと思って、少し聞いたんです!そしたら「子供の頃は、お風呂でおもちゃで遊んだり、タオルを風船みたいにして泡だしたり・・(一緒だ!(笑))」と言ってました。


水鉄砲は進化してる!

ぱちょさんのお話にソソられて、ちょっと寄り道してみました。

な~んにも無くても、ハダカでできる水鉄砲、知っていますか?
『BEAR'S MAGAZINE』 手の水鉄砲↓
http://www.bear-mag.com/asobi/
hand_pis.htm

おじいちゃんの頃は、こんな水鉄砲?
『どんぐり工房』
竹馬・水鉄砲・竹トンボコース↓
http://www1.ocn.ne.jp/ ̄hibari/villa/donguri/
takeuma.html
※↑すみませんリンク切れになってます※

最近は、ウォーターガンっていうんだって・・・
『ツクダオリジナル』 SFエアーウォターガン XP-40↓
http://www.tsukuda-original.co.jp/
omocha/h.html
※↑すみませんリンク切れになってます※


ぱちょさんの今のお風呂への願い
遊び心がほしい...

夫婦そろって『タオル風船』の泡の思い出がある、ぱちょさん。今のお風呂は好きですか?ときいてみました。

現在うちのお風呂では、ふたを使いません。なぜなら夫と二人で、いつもはいっちゃうからです。

湯船でペローンとくつろぎ、リラックスした中で、コミュニケーションをとる。これが、いつものお風呂の過ごし方となってます。

なぜ二人同時に狭いところで、体洗ってるのか、あんまり考えたことなかったんですけど、もしかして、このふたり同時のペローンタイムのためなのかなと思ったりしています。

現在のお風呂は疲れをとり、体を洗うなど基本的な役割に加えて、癒しや夫婦の貴重なコミュニケーションの場にもなってます。

なので、シンプルで、使い勝手がよく、掃除がしやすいというお風呂もいいなあと思う一方で、対極的に、もっと遊び心のあるものがあってもいいかなと思います。

(不便であっても)今のお風呂でしたいことは、電気を消して、キャンドルをたくさんおいて、くつろいでみたいな、ということなんですけど、今のお風呂には、キャンドルをおく場所とかなくて、無理っぽいんですね。(アロマキャンドルとかアロマオイルとかもいいな)

今のお風呂は、「お風呂」という感じの別空間が浮いてる感じ。もっと住んでる人の個性みたいなものを、だせるお風呂が、おもしろいと思います。あとお風呂用の芳香剤も欲しいです。(外国製品でお風呂用アロマキャンドルはみたような気が)


読者投稿より...

●れいさん ●女 ●1980年代 ●関東地方 (2006年3月20日)
ホースで戦う兄弟の記事を読んで、
そうえいば青いホースをシャワー替わりにしてたな~
ということを思い出しました。

高校生の頃まで住んでいたハイツは
シャワーなしのバランス釜。
幼馴染み宅の団地にはシャワーがあって
(といってもバランス釜からチョロチョロ出るだけ)
うらやましくて仕方ありませんでした。

そこでオリジナルシャワーの登場です。
やり方は、まずホースの片側を湯船に入れ、
洗い場側に出したホースをお湯より低い位置にして手に持ち、
かがみこむ様にしてホースを咥え、空気を思い切り吸い込みます。
お湯が口に入ってくるその寸前のタイミングを見計らい
(けっこうスリリング)
口からホースを離すとお湯がザバザバと出続けるのです。

止めたいときはホースをお湯より高い位置に持ち上げるだけでOK!
長い髪を洗い流すのにとても便利な方法でした。
このアイディアの出所は覚えていません。
この方法で髪を洗ってた方は他にもいるのでしょうかね。


家族をつなぐ思い出

こどもは遊びの天才だと、きいたことがありますが、
お風呂を遊び場にしちゃった、天才たちの思い出・・・。

な~んにも無くても遊べちゃう頃の、兄弟ゲンカに込められた
家族のつながりに、大人になって気づきます。

あなたにも、こんな思い出がありませんか?
お風呂の思い出は、家族とのつながりに気づかせtくれますね♪


special thanks!

・『BEAR'S MAGAZINE』 手の水鉄砲
・『どんぐり工房』 竹馬・水鉄砲・竹トンボコース
・『ツクダオリジナル』 SFエアーウォターガン XP-40

取材にご協力頂きありがとうございました。






記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索