本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 記憶博物館 > 水を天秤棒でかついで桶でお風呂に運びました。

記憶博物館

水を天秤棒でかついで桶でお風呂に運びました。

(1940年代,中国地方,女性,あひる姑の思い出)

尾道の港町に住んでいたので、ほとんどみんなの家に
ウチ風呂がなく、銭湯に行ってました。
しかし、兄弟8人家族なので、夏は家の庭で行水していました。

福山の一軒家に引っ越してから、お風呂を焚いて入るようになりました。
もちろん、五右衛門風呂。

水を汲むのはお母さん。つるべからくみ出した水を天秤棒でかついで
桶でお風呂に運びました。
お風呂は、母屋から独立した建物になっていました。

結婚してからは社宅のアパート住まいだったので、ガス風呂でした。
外に焚口のあるタイプですね。
今では懐かしいです。


>> 前のページに戻る

記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索