本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > お風呂のヒント > HSP入浴法で、健康増進トレーニング!

HSP入浴法で、健康増進トレーニング!

HSP入浴法で、もっと元気に!1

お風呂アドバイザー・おかきた'まり です。 こんにちは!
自宅のお風呂でできる健康増進トレーニング
HSP入浴法
をご紹介します♪

HSPとは?

わたし達の体をつくるのは、60%の水分と、
固形成分の20%を占めるタンパク質だといわれます。

HSP・熱ショックタンパク質は、数あるタンパク質の中の1つで、
Heat Shock Protein(ヒートショックプロテイン)の頭文字をとって、
HSP(エッチ・エス・ピー)と呼ばれています。

名前のとおり、
Heat(熱)のShock(ストレス)で増えるProtein(タンパク質)。

わたし達の体内で生まれ、
病気やケガ、ストレスから細胞を守り修復する...
見えない健康増進サポーターとして働いてくれます。

熱を加える

-------------------------

昔から、"体を温めることは良いことだ"と
いわれてきた原因物質は、HSPだということです。

日本の長寿の原因ひとつは、やはりお風呂大好きの
入浴文化にあると思われます。40~42℃という、
日本の気候風土にあった入浴温度がHSPを増加させ、
知らないうちに長寿になっているのではないでしょうか。

 愛知医科大学 伊藤要子 准教授
加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする

-------------------------

この言葉に、うんうんっと頷いてしまいました(^^)
わたし達が受け継いできた入浴の効果が見直されて、
科学的な裏付けがされるなんてウレシイかぎり・・・

そして伊藤要子 准教授は、「温める」から、
さらに一歩進めた「熱を加える」HSP入浴法で、
HSPを増やし、免疫力を高めようと提唱しています。

自宅のお風呂で健康増進トレーニング!
実践という言葉がピッタリはまる、HSP入浴法
もっと元気になりたいあなたに、ご紹介します。

HSP入浴法

HSP入浴法で、もっと元気に!2

≪ポイント≫
(1)体温38.5℃を目標に体を温める
(2)入浴後は38℃キープを目的に保温する
(3)十分に水分補給する


≪効果≫
●体温とHSPの増加率
・38℃ → 1.2~1.5倍
・38.5℃ → 1.8~2倍

HSPの増加期間
入浴2日後をピークに4日後まで増加、7日後には戻る

 上記の研究結果から、週2回3日おきの継続がよい。

 3ヶ月ほど続けて効果を感じなくなった時は、
体の慣れが原因なので、1~2週間休み再開するとよい。


≪入浴方法≫
●肩までつかる全身浴
・お湯の温度 40℃ → 浴槽につかる時間 20分
・        41℃ →             15分
・        42℃ →             10分

 途中で立って休憩しても OK 、
個人差があるので、この時間を目安にマイタイムを掴むこと。


≪入浴後≫
●保温10~20分

 体を拭いたあと、体温38℃キープを目的に
ガウンやサウナスーツ、タオルケットなどにくるまって保温する。
クーラーや扇風機などで冷やさないこと。

●水分補給300~500ml

 ぬるま湯か常温で。冷たい飲料はのまないこと。
入浴の前後で補給するとよい。


≪注意≫
とても体力を消耗する入浴法です。
急な血圧変化や転倒など、事故の危険があります。


心臓に不安がある、高血圧気味、持病がある、
病後や産後で体力が低下している、
75歳をこして体力に不安がある方は、実践しないでください。

こっちの記事は読んだ?

この記事でオススメの、お風呂グッズは?

記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索