本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 商物語 > シャンプーハット - 投稿から

シャンプーハット - 投稿から

【目次】

  • 投稿から

お風呂アドバイザー おかきた'まり です。こんにちは!

「シャンプーハット」にいただいた

【洗いの殿堂】仲間からのコメントをご紹介します。

投稿から

●かがわんさん●近畿地方●女

シャンプーハットで思い出したのですが、イタリアで買ったファッション雑誌で、シャンプーハットを取り上げていたのですが、顔からハメて、ラーメン食べてるのです。おしゃれな雑誌なのに・・・。
掲載していたのは、金髪のかっこいいおねえさんが、おヘソを出してポーズをとっている表紙がまばゆい「COSMOPOLITAN」1999年9月号です。

★おかきた'まりから★
ひたすら、爆笑~~!!!

このページのトップに戻る▲

●ohaさん●近畿地方●男●プレゼント当選の方から頂きました!

「はじめての"立ちシャン"」
わが愚息はもうすぐ2歳。つい数ヶ月前、湯船の中でやっと立てるようになった。でも、シャンプーの時は立ったままでは洗いにくいので、嫌がるのを無理やり押さえつけ片手で横抱きにして上を向かせ洗っていた。 まさに悪戦苦闘。ほんと疲れる作業だった。 シャンプーハットなら、頭が楽に洗えるのではないか??そんな期待をしつつ、ビニール袋を開封・・・。

「へえ、こんなシンプルな包装だったのか。」ここで、ふたつの不安が頭をかすめた。ひとつめは、まだ2歳なのでシャンプーハットは大きすぎるのではないか?ふたつめの不安は、わが愚息は夏の日差しの強い日に帽子をかぶせようと思っても、いやがってすぐ脱いで投げてしまうのだ。麦藁帽子のようにあごにゴムを止めるタイプのものは脱ごうと思っても脱げないので何とか大丈夫だったが、そうでないものはすぐ脱いでしまう。果たしてシャンプーハットはちゃんとかぶるだろうか。いっそ、ゴムでもつけてみるか????リビングでかぶらせてみる。ひとつめの不安は大丈夫だったようだ。大きさ的にはちょうどいいようだ。うちの息子の頭が大きいのかな?ふたつめの不安・・・・やはり、いやがって、すぐに脱ぎ「ハイ」と言って、私にハットを返した。「かぶらせ方が浅いのかなあ。でも無理やりすると痛そうだし」再度トライ。結果 はやはり同じ・・・・。

「あーあ、これじゃモニターにならないぞ。どうしよう」あきらめて、その日はシャンプーハットをしないまま入浴、就寝。 3日後の入浴時、湯船に入っているときに、無理やりかぶらせてみた。今度は脱げないように、深くかぶらせる。本人もあきらめたのか、抵抗せず脱ぐ素振りは見せないようだ。

成功!それではシャンプー開始!それも立ったままで。シャンプーをつけてゴシゴシ。そしてお湯で洗い流す。はじめのうちはお湯をちょっとつけて手で洗い流していたが、めんどくさくなって、桶に半分ほどお湯を汲んで思いきり頭の上からかけてみた。ザ ‐‐‐‐‐‐!「キャキャキャ!」喜ぶわが息子。顔を見ると、水がかからずまったく濡れていない。これはすごい!少しぐらいは隙間から水が漏れてくるだろうと思っていたが全然といっていいほど、水が漏れず、顔が濡れていないのである。何回かやってみた。ザ‐‐‐‐‐‐!「キャキャキャ!」喜ぶわが息子。ザ ‐‐‐‐‐‐!「キャキャキャ!」喜ぶわが息子。何回やっても、大丈夫だった。

これはシャンプーが楽になるし、息子は喜ぶし、これは一石二鳥だ。シャンプーハットを脱がし、ワッカの部分にどんな素材が使われているのか興味を覚え、調べてみた。ゴムかと思ったが、そうではないようだ??一体何が使われているのだろう??でも、あそこまで頭にぴったりフィットしていては痛くないのだろうか。わが息子はまだ「ハイ」「ママ」「イヤイヤ」「アッポ」ぐらいしかしゃべれないので意見を求めても答えてくれない。でも、泣いていないので痛くて仕方ないという程でもないのだろうか。この疑問を解決すべく、今度は自分が試してみようと思うのだが、ハットが避けちゃったらどうしよう・・・・と思案中だ。

★おかきた'まりから★
シャンプーハットの素材は、高速道路のつなぎめに使われる、
優秀な開発素材EVAだそう、 さすがロングセラー商品・・・

このページのトップに戻る▲

●もーさん●関東地方●女

メールマガジンの「シャンプーハット」の投稿で思い出しました。
うちにもありました。あの当時は流行だったのでしょうか?
父といっしょにお風呂に入った時、多分、子供心にあのシャンプーハットの便利さを父にも味わって欲しかったのでしょう、かぶってほしいとせがみました。そして、父は期待に応えようとしたのでしょう、子供用のアレを大人の頭にかぶせようとして、力任せに引っ張りました。
すると...、なんと、シャンプーハットが裂けてしまったのです。
おぼろげな記憶だから、もしかしたら、ありえない話かもしれません。 が、その映像がブワッと蘇ってなつかしくなったので、投稿します。

●堤@うろうろネット●近畿地方●男

こんばんわ! そう言えばありましたね。シャンプーハット。
小さい頃シャンプーが目に入ったとき、あれがあったらなあ・・・って思ったことあります。結局使ったことはありませんが、とっても懐かしい、お風呂アイテムですね!

このページのトップに戻る▲

●昔梅本舗@てらこさん●女●近畿地方

先日から 慣れない事を 始めたものだから
風邪ひいたみたいです。 (T_T)

読みたい本があって
何が何でも 読みたい!

でも 通勤時間 って私には無い!(自宅勤務)
そこで、雄一 安心して 読書が出来る場所

そうだ!
お風呂場で 半浴しながら本を読む!
少し ぬるいお湯に 浸かって (お風呂酔いしない為にも半浴)
頭には、 シャンプーハット♪

気がつくと

───────────────────────────────
うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~   ぶるぶる
───────────────────────────────

手に持っていた筈の本は???

お風呂の底に 沈んでました。(涙)
おまけに お湯は ぬるま湯どころか 水?

ハ、ハックション!!

慌てて ドライヤーで 乾かしたけど
(髪の毛じゃなく 本を)

まだ 半分も読んでないのに (涙)

おまけに 風邪をひいたみたいです。
おぉ~ さぶ~・・・・。(ぶるぶる)

ほんまは、卵酒の方が良いんだけど
ここは、ぐっっ  と 我慢!

これからも 本は読みたい
でも、 睡魔との戦いは どうすれば?

そこで この体験から思いついた事が有る

風邪を引いて 
鼻水が出て苦しい 
呼吸がスムーズに出来ない

寝苦しい 寝られない(居眠り出来ない!)

あっ!
そうだ

鼻をつまんで 本を読めばいいんだ!

洗濯バサミで  鼻を つまんでみた

痛い! (>_<) 
痛すぎて 本に集中出来ない

いろいろと 有るものを試してみたけど
ぴったりとしない・・・・・・。

そ、そうだ

アテネオリンピック のニュースを見てて思いついた!
シンクロで 使っている あの鼻にしているの

───────────────────────────────
あれ  あれ  アレ! 何て名前なんだろう?
───────────────────────────────

っと気になって
どうしてもあの "アレ" の名前が知りたい!

どなたか ご存知の方 教えてください。m(__)m

───────────────────────────────
  ■宛先: info@mukasiume.com
  ■件名:『アレ、あれ あれよ!』係
   http://www.mukasiume.com
───────────────────────────────

答えを 教えて戴けると 嬉しいです。(^^)

《そして後日談》

その後、沢山の方から アレの名前を 教えていただきました。 (笑)
鼻栓 だそうです、 そのままやんけ!
それも、イギリス製 と 台湾製が有るのです。

早速に注文して 今、首を長くして待っているところです。
でも、何故 シャンプーハット なの?っと質問のメールが・・・・。

ねじり鉢巻 代わりにもなるし?
長い髪をまとめるのに ちょうど良いのです。

使用写真を 見せられないのが 残念ですが、(怖いものみたさ?)

★おかきた'まりからご紹介★
こんな利用もあったのね~、と感心しつつ爆笑!
紀州南部の本物梅農家さんの友だちからのメルマガ。
一家でつくる梅干しは、昔ながらの懐かしい安心の味...








記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索