本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 商物語 > ぬか袋 - 投稿から

ぬか袋 - 投稿から

【目次】

  • 投稿から


こんにちは!お風呂アドバイザー おかきた'まり です。

ぬか袋にいただいた

【洗いの殿堂】仲間からのコメントをご紹介します。

投稿から

● andoさん
ぬか袋 お肌にもいいけど木の床にもいいこと知っていますか。 
子供の頃、小学校の校舎は木造で、毎日掃除の時間、母が作ってくれたぬか袋で、皆で床を磨いたものです。自然の艶が出て、顔が写るほどピカピカな のにすべらない・・・。

今、我が家で柱や床や階段などぬか袋で磨こうと思っても作り方がわからな い。ぬかは炒って使うのだったかしら、どのくらい炒るのかな。誰か教え て。


○おかきた'まりから・・・
ええ、小学校で米ぬかを使って床磨きをしたお話しを、工務店の方から伺ったことがあります。同じ思い出ですね~。

ひのきの家造りをしている兵庫県神戸市垂水区にある工務店「くにけん」さんのスタッフの方からの聞き書きも、ご紹介します→【くにけん】桧(ヒノキ)を愛する工務店

木造の学校を訪れた際、煎った糠で磨くと聞いたと思う...

煎ると香りがいい。
煎ると保存がききそう。
食用の場合、鉄分補給にもなるそう。

なので、煎った方がよさそう・・・
ですが必ず煎るべきなのかは?解りません。


●yuuyuさん ●1970 年代 ●東海地方 ●女
ぬか袋懐かしいです。私が子供の頃、今は亡きおばあちゃんと一緒にお風呂に入っていたのですが、いつもおばあちゃんとぬか袋で体を洗いあっこしてて、そういえばその頃はお肌がしっとりつるつるでした。忘れかけていたぬか袋をまた使ってみたくなりました!


●ミッキーさん ●1960 年代 ●関東地方 ●女
ワタシは父方の祖父母に育ててもらったのですが、明治33年、1900年生まれの祖母は、とてもおしゃれな人でした。

祖母は、みかんを食べると、 皮を手にこすりつけていたり、ぬか袋を使っていましたが、昭和40年代以降は物が豊富にあるので、古い習慣を守るより、新しいものを取り入れるほうに興味があるようでした。

へちま化粧水が若者の間でブームとは知りませんでした。ワタシが小さい頃に読んだ科学雑誌に、
「へちま水の作り方」が載っていました。


●ななさん ●1960 年代 ●近畿地方 ●女
おばあちゃん達はずっとぬかを木綿の袋に入れてそれで洗顔をしていました。水で濡らしそのままごしごしと顔をこするのです。うーんもしかしたらこの方法いいかもしんない。。。再発見した思いの私。。


こっちの記事は読んだ?

この記事でオススメの、お風呂グッズは?




記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索