本日もお風呂日和 | お風呂のヒント | お風呂の修理 | 洗い上手百科 | 記憶博物館 | 今昔物語 | 商物語 | 友達物語 | 人町リポート | プレゼント | メールマガジン | 編集履歴 | 運営者について | サイトマップ | リンク集 | リンクについて | 個人情報のお取扱いについて | トップへ

トップ > 商物語 > ぬか袋

ぬか袋

こんにちは!お風呂アドバイザーおかきた'まり です。

おばあちゃんの肌は、ぬか袋でピカピカだった・・・
そんなお風呂の思い出から、ぬか袋をリポートします!

ぬか袋とヘチマ

イラスト

●ようさん ●1970年代 ●近畿地方

広島出身の祖母の家に遊びに行くと、必ずぬか袋がありました。祖母は全身体を洗っていたようです。そのせいか、お肌はすっごくピカピカでした。

ぬかの特有の香りがなんともいいかんじにお風呂に漂っていて、心地よかったこともなんとなく、思い出として残っています。

祖父は自分で作ったへちまをヘチマタオルにして、お風呂で愛用していたようです。自分の家にあるものをうまく利用して生活していたんだなぁって改めて思い出しました。

ぬか袋

●mikeさん ●1970年代 ●近畿地方

小さい頃の話です。母がぬか袋をつくってくれました。実家は米をつくっていたので、精米も自分ちでしていたため、ぬかはたやすく手に入ったからでしょうか。

米ぬか

米ぬかは炭とともに、おばあちゃんの智恵袋の代表選手で、豊富なビタミンB1・B2・ビタミンEが、美肌の応援団! 米ぬかには3種類あって、いちばん美肌効果があるのは、粒子の細かい白ぬか、木綿袋に入れてぬか袋をつくり、ゴシゴシせずに、そっとなでるように使う...

米ぬかがとれるお米にも寄り道すると、、、お米だけを主食にするようになったのは、第2次世界大戦後。それ以前は雑穀とまぜて食べていた...コンビニにならぶオニギリが、嘘みたいな話。お米を主食にするのは東洋の限られた民族で、他の国では日本のように特別あつかいはしないとか。

どんな国でも、その土地と気候にあう素材から、役立つ道具を工夫してきたけれど、米ぬかぬか袋にして使って、キレイになる...これは、日本オリジナルかも!

そんな道具を使いこなすコツは、家族とのコミュニケーションが育ててきたと思います。そして核家族の今、なでるように洗うコツも忘れられていないかな...

ニード洗粉

ニード洗粉

ぬか袋を使ったことがなくて、DIYのコーナンで、『ニード洗粉』という商品をみつけ、さっそくトライ!ほんとにスベスベになるので、ビックリしました。明治時代から洗粉を作ってきたメーカー『ニード化粧品本舗』田中善株式会社さんのモノ。 ここのホームページにも、昔の銭湯で米ぬかを売っていた話がでてきます。

special thanks!

※取材にご協力頂きありがとうございました。

こっちの記事は読んだ?

この記事でオススメの、お風呂グッズは?





記憶博物館

みんなのお風呂の思い出集
時間旅行をごいっしょに…

あなたのお風呂の思い出をどうぞ。
『プレゼント』応募つきです(^^)
プレゼント
敏感なお肌のための化粧石鹸|プレゼント

【敏感なお肌のための化粧石鹸】
by クロバーコーポレーション

目をつけたのは、かすかな刺激
無添加、さらにラウリン酸カット処方

応募方法は3つ、商品紹介ページへ!

メールマガジン
【洗いの殿堂通信】は月2回発行。

PCでも携帯メールアドレスでもOK
プレゼント応募つきです(^^)

▼メルマガ登録はこちらから。
メールアドレス(必須)
名前  (必須)
お風呂と接点がある仕事の方へ

> メールアドレスの変更はこちらから
> 登録解除はこちらから

  • サイト内検索